インプラントもメンテナンスが必要

http://xn--eckvdxb1d3bc3428hr6p.biz/

インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。入れ歯や差し歯にかわる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもある為す。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、沿うすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってちょーだい。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアがもとめられます。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが欠かせません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

tanosii

View more posts from this author